FC2ブログ

北綾瀬駅改良工事 説明会

北綾瀬駅〜代々木上原駅間が直通運転になります。

今夜は、母校の東加平小学校で北綾瀬駅改良工事の説明会がありました。

既存の3両ホームを、10両編成列車が停車可能なホームに改良。
環七北側としょうぶ沼公園側にエレベーターを設置した出入口も新設。

工事は平成30年度末に完了予定です。

質疑応答で、
「資材置き場としてしょうぶ沼公園の一部を使うのであれば、子供たちの安全対策はどうなっているのか」
と質問。
警備員を配備するとのことですが、議会でも要求していきます。

また、説明会が今まで開催されなかったことで、住民との情報共有が為されていないと感じました。
先日の本会議質問でも、綾瀬エリアデザインについての住民説明が足りないと訴えましたが、こうした部分が今の区政にかけているところ。

説明が足りず、区民の声を聞かない区政では、足立区の基本理念である「区民との協働」は成り立ちません。


スポンサーサイト



闘う無所属

三期目、最初の本会議質問。

政党に所属をしている議員であれば、質問の最初と最後に仲間が応援の拍手をします。
(よほど価値観が違う議員で無ければ、僕は皆さんに拍手をしますが)

ということは、無所属の僕の場合は、ほぼ拍手無し。
静寂の中、登壇します。

今日の本会議質問の冒頭で、
『政党の為でもなく、特定の組織の為でもなく、足立区民67万人の思いを代弁するのだという気概で、3期目も「和して同ぜず」、是々非々の立場を貫いてまいります』
と宣言しました。

本会議場で、他の議員からの拍手は無くとも、多くの皆さんが応援してくれている。
その想いを胸に、今回も質問しました。

質問テーマは、
「エリアデザインについて ~人と人が繋がるまちづくりを~」
「在宅医療・緩和ケアについて ~家に帰ろう 最期まで笑顔で暮らせる足立区に~」
の2つ。

どうしても納得がいかない答弁があり、再質問もしました。
詳細は、今後記していきたいと思いますが、6月は今日の質問作りに集中していたので、少しホッとしています。

傍聴に来ていただいた方、J:COM足立の生中継をご覧いただいた方、ありがとうございました。

今日の本会議質問は、下記の足立区議会ホームページからもご覧いただけます。
http://www.gikai-adachi.jp/yousu/vod2015_2.html

「闘う無所属」へんみ圭二は、三期目もブレることなく足立区政伸展に向け精進してまいります!


異議申し立ての結果

結論が出ました。
5月におこなわれた足立区議会議員選挙における異議申出についてです。

最下位当選(松丸まこと氏)と次点落選(たきがみ明氏)の得票差は1.196票差。
たきがみ明氏から異議申出があり、24万票の再点検がおこなわれました。

逆転もあり得るかと思われましたが、次点落選のたきがみ明氏の得票が3票減ることに。
たきがみ明氏の有効票の中で、
「たがみ昭」
「渡辺あきら」
「さきがめ」
と記載されていた票が無効票と判定されたのです。

また、白紙投票の束の中に、別の候補者の有効票が混在していたことが判明。
有効投票数や白紙投票数も修正されるなど、正確性が疑われる事態になってしまいました。
今後、検証組織を立ち上げ、原因の調査と対策の検討を進めていくことに。

正確な開票作業に向けて、改めて基準を作り直すべきだと思います。

いよいよ開会

足立区議会第二回定例会が開会。
今日から3日間は、本会議場で質問がおこなわれます。

11名の区議会議員が登壇。
そして、11番目、最後が僕の出番です。

会派の人数によって質問時間が違うので、50分の議員もいれば15分の議員も。
僕は25分間質問します。

25分をオーバーしないように原稿をチェック。
いつも言いたいことがありすぎて言葉を詰め込んでしまい、早口になってしまうので、今回は聞き取りやすさを重視して原稿を作りました。

のはずが、原稿をチェックしていると、あれも言いたいこれも言いたいと、ついつい文章が長くなってしまうのです。
これからまた添削しなくては。

多少時間は前後しますが、6月26日(金)15時ごろから質問です。
ケーブル足立でも生中継されますので、ぜひご覧いただければと思います。

さんさんフラワーフェスティバル

知的障害者の方が通う施設、綾瀬ひまわり園の「さんさんフラワーフェスティバル」へ。
19回目となるフェスティバルの今回のテーマは「花」。

カレーライスを食べて、から揚げを食べて、焼き鳥を食べて、バザーで買い物をして、お花を買って。
楽しませていただきました。

足立区で知的障害者名簿登録されている方は4793人。
施設で皆さんが一生懸命にパンなどを作られている姿を拝見するたびに、自分ももっともっと頑張らなくてはという気持ちになります。

今日のフェスティバルで嬉しかったこと。
後ろからトントンと肩を叩かれ、
「へんみさん、コーヒーをご馳走しますから後で必ず来てくださいね!」
と施設利用者の方に声をかけていただき、すぐにコーヒーを飲みに行きました!
(自分でコーヒー代は支払い、お気持ちだけいただきました)

どなたにも身近な区議会議員でありたいという思いから無所属で活動している僕にとって本当に嬉しい出来事。

ひまわり園には今日もたくさんの「笑顔の花」が咲いていました。

操法大会

昨日は、足立消防団の操法大会。
第3分団員としての参加です。

消防団がどのような組織なのか。
どんな活動をしているのか。
僕自身、消防団に入るまで知らないことばかりでした。

足立消防団は第1分団から第12分団まであります。
僕が所属する第3分団は綾瀬・西綾瀬が担当地域。
操法大会は、ポンプ車の扱いについてスピードや動作の正確性などを6人1組で競います。

消防団は、街の為にというボランティア精神ですから、日中は仕事をして、夜間や休日に訓練を重ねて大会に臨みます。
選手は本当に大変です。

結果は第4分団が優勝。
僕が所属する第3分団は5位で、第3分団として初の個人賞も指揮で獲得と優秀な成績でした!

消防団の活動をなかなか目にすることも少ないと思いますが、こうした地道な訓練がいざ火事や震災発生時には活きてきます。
ぜひ多くの方々に「消防団」を知っていただけるように、僕も力を尽くしていきたいと思います。

操法大会終了後、自宅の近くで小学生が、
「へんみさん、その服なに?カッコいいじゃん」
と話しかけてくれました。

「消防団に入ると着られるから、もう少し大きくなったら消防団に入ってね」
と宣伝しておきました。
入ってくれるといいなぁ。

全ての分団の選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。






観光交流協会

観光交流協会の常任理事になりました。
ということで、足立区観光交流協会の理事会・評議員会に出席。

折角の機会ですので、イベントや協会のあり方についていくつか提案をしてきました。

○しょうぶまつりについて
足立区の5大イベントの1つだが、他のイベントに比べると寂しいというのが正直なところ。
以下、5大イベントの来場者数と決算額。(平成26年度)
☆春の花火と千本桜まつり(4月) 都立舎人公園
 30万人 3543万円
☆しょうぶまつり(6月) しょうぶ沼公園・ハト公園
 1万6千人 326万円
☆足立の花火(7月) 荒川河川敷
 40万人 1億261万円
☆あだち区民まつり(10月) 荒川河川敷
 32万人 2346万円
☆光の祭典(12月) 元渕江公園
 18万人 4814万円
来場者数・決算額ともに、しょうぶまつりは一桁少ない。
区の東部における最大イベントであるしょうぶまつりをもっと盛り上げるべく、更なる工夫が必要ではないか。

○光の祭典について
①足立の花火のように、子供たちにイルミネーションのデザインを公募することで参画型のイベントに出来るのではないか。
②都心でも様々なイルミネーションイベントがおこなわれており、そうしたイベントに負けないためには、もっと独自色が必要。イルミネーションデザイナーを活用すべきではないか。

○観光交流協会の個人会員について
決算報告によれば、個人会員は626人。
ここ数年の推移を聞くと、年々減少しているとのこと。
もっと個人会員を集めるためのPRをすべき。

具体的な事例として、
『若い男性から「足立の花火でデートしたい。良い観覧スポットはどこか」と聞かれたので、「観光交流協会の個人会員になれば、協会エリアで観られるよ」と教えると入会してもらえた。PRをすれば、まだまだ個人会員を増やせるのではないか』
と発言。

協会として、区の補助金(2億3千万円)無くして成り立ちませんが、補助金に頼りっきりになるのではなく、少しでも独自で収入を増やす努力が必要です。

また、これまで観光交流協会は任意団体として区の事業を補完する事業形態でしたが、今後は法人格を取得し、より社会的信用のある組織体制へ移行することになりました。
9月1日に法人設立の登記申請を予定しています。


夜間訓練

操法大会に向けた消防団の夜間訓練。
訓練は4月後半から始まっていたのですが、選挙があったため、なかなか訓練に参加出来ず。

申し訳ない気持ちで今日の訓練に参加したのですが、皆さんから「おめでとう!」と温かいお言葉をいただきました。
只々、ありがたいです。

消防団員は、普段は自分の仕事を持ちながら、
「自分たちの街は自分たちで守る」
という気持ちで、災害時に出動する体制をとっています。

本来、消防団員が活躍する機会は無い方が良いのですが、いざという時に備えての訓練。
区内各地で消防団の訓練がおこなわれています。
ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。


24万票の再点検

24万5721票。
五月の区議選での投票総数です。
この24万を超える票を全て再点検すると、選挙管理委員会から報告がありました。

今回の区議選は、最下位当選と次点落選の票差がわずか1.196票で2票も差がありませんでした。
最下位当選者(維新の党)の当選無効を求めて、次点落選者(公明党)が異議申し出を提出。

最下位当選者の票に無効票が混入していないか。
無効票の中に、次点落選者の票が含まれていないか。
他の候補者に票が混入していないか。

この辺りが再度チェックされることになります。

たった1.196票差での落選は、悔やんでも悔やみきれないですし、無効投票が7118票もあるので、自分が同じ立場でも異議申出書を提出するかもしれません。

四月におこなわれた相模原市議選でも、異議申し出によって再点検をした結果、次点候補が当選となったケースがありました。

6月14日、全票の再点検がおこなわれます。
推移を見守りたいと思います。
プロフィール

逸見 圭二

Author:逸見 圭二
1981年1月20日生まれ。
チェリー幼稚園・東加平小学校・東綾瀬中学校へ通った生粋の地元っ子。小学校の6年間は綾瀬東町会の少年野球チーム「綾瀬ガッツ」で野球に熱中。
専修大学付属高校卒業。
家庭の諸事情により専修大学経済学部中退。
07年3月まで格付機関で働く。

2007年4月 初当選(26歳)
2011年5月 2期目当選(30歳)
2015年5月 3期目当選(34歳)

血液型:O型
趣味:R&Bなど洋楽の音楽鑑賞
   読書
   映画鑑賞
身長:178cm
体重:67kg

公式ホームページ↓
へんみ圭二 Official Web Site


ご意見・ご要望は、
こちら
までお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク